島根県市町村農林水産業振興対策協議会
の概要について

沿革

島根県市町村農林水産業振興対策協議会は、平成16年6月30日に、それまで59市町村をもって組織する「島根県農業農村振興対策協議会」、「島根県市町村林野振興対策協議会」、37市町村をもって組織する「島根県山村振興対策協議会」、17町村をもって組織する「島根県町村水産業振興対策協議会」の各協議会を発展的に解消し、それぞれが続けてきた活動を総合的に展開するとともに、市町村合併の進行に対応し、かつ、市町村負担金の軽減、協議会の事務事業の効率化を図るための一体的な組織として、新たに設立され今日に至っています。

組織

この会は、次の振興対策に取り組む市町村と地域指定を受けた市町村の長で組織しています。

1.農業及び農村の活性化を図るため農業・農村の振興対策の推進に取り組む市町村

1.林業及び山村の活性化を図るため林業・山村の振興対策の推進に取り組む市町村

1.「振興山村」として地域指定を受けた地域を有する市町村

1.漁業及び漁村の活性化を図るため漁業・漁村の振興対策の推進に取り組む市町村

事業

協議会の目的を達成するため、次の事業を行っています。

1.全国協議会及び連盟の支部としての事業

2.農業及び農村の振興対策に関すること、林業及び山村の振興対策に関すること、漁業及び漁村の振興対策にすること等について建議、陳情

3.会員相互及び関係機関との連絡提携

4.各関係事業に関する調査、研究及び資料の収集と情報の交換

5.その他この会の目的達成上必要な事業

事務局

事務局は島根県町村会事務局内に置いています。