放射性セシウムによる汚染牛問題に関する要請(H23.7.28)

放射性セシウムによる汚染牛問題に関する要請(H23.7.28)

 島根県町村会山碕英樹会長は、平成23年7月26日開催の島根県町村会定期総会での決定に基づき、7月28日、全国町村会藤原忠彦会長(長野県川上村村長)に対し、放射性セシウムに汚染された稲わらを給与された牛が全国に拡大し、牛肉に対する消費者の安心・安全を大きく損ない、また、牛肉の取引価格も下落している問題について、全国町村会として早急に取組んでほしいとの要請を行った。

 これに対して、藤原会長からは、既に全国21県に影響が出ていることから、経済農林委員会でしっかり検討したいとの回答があった。